s3使用構築 「猫グンチガル入りカバ展開」

 

s3お疲れ様でした。

最高2079/最終19××とまた2100にも到達できないままシーズンが終わってしまいほんとうに悔しいです。欠陥だらけの構築ですが一応記事にまとめておきます。

 

[使用した並び]

f:id:irohapoke15:20170517032503p:image

 

[構築詳細]

 

f:id:irohapoke15:20170516233437g:plain

ガルーラ@メガストー

特性:肝っ玉→親子愛

性格:陽気

メガ後実数値:181(4)-176(244)-120-*-121(4)-167(252)

技構成:猫騙し/すてみタックル/グロウパンチ/炎のパンチ

 

H:奇数

A:(ステロ+砂ダメ2回)or(素ねこ)+素すてみでH4ミミッキュが確定、素ねこ+素すてみでB4メガゲンガーに対して97.7〜116.2%

D:ダウンロード対策

S:ぶっぱ

 

最速猫捨て身の対面性能とグロウ捨て身の崩し性能を両立した。カバルドンが誘うキノガッサアシレーヌゲッコウガに基本的に強く猫騙しで相手の様子を伺いながらカバルドン展開につなげ、自身も起点をいかしてグロウパンチで崩しに行く形が強かった。炎のパンチはテッカグヤを意識しての採用である。ミミッキュ入りに対しては簡単に進化させずに立ち回るのがポイント。

 

f:id:irohapoke15:20170516233503g:plain

カバルドン@バンジの実
特性:砂嵐
性格:腕白
実数値:215(252)-133(4)-167(108)-*-110(140)-68(4)
技構成:地震/欠伸/ステロスロック/吹き飛ばし

 

H-B:メガメタグロス(A197)の冷凍パンチ+アイアンへッドが72.9%~86.4%(ほぼきのみ発動)、メガボーマンダ(A216)の恩返し確定3発(きのみ発動)、メガガルーラ(A194)のすてみタックルの2発目の親の攻撃できのみが発動し合計3耐え、ミミッキュ(A156)の+2無限暗夜が68.8%~81.3%(きのみ発動確率50%程度)、パルシェン(A161)の+2つららをきのみ込みでほぼ耐える

H-D:ギルガルドのゴーストzを最高乱数切って耐える(きのみ発動)、ポリゴン2の冷凍ビーム2発が72.4%~87.4%(ほぼほぼきのみが発動)、アシレーヌの泡沫のアリアを最高乱数きって耐える(きのみ発動)

A:余り

S:余り

 

半分回復きのみをもたせてなるべく行動回数を増やしステロ+欠伸展開を成功しやすくした。きのみの発動機会もかなり多く使用感はgood。ぎりぎりきのみ発動圏外だったときは相手のステロを利用してきのみを発動させ再度起点づくりを行うなどしていた。トリル絡みのパーティをうまくいなすことができるのもカバルドンの利点であると今シーズンは感じた。

 

f:id:irohapoke15:20170516233522g:plain

ミミッキュ@ゴーストz

特性:化けの皮

性格:意地

メガ後実数値:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)

技構成:シャドークロー/じゃれつく/剣の舞/影うち

 

H:余り

A:ぶっぱ

S:ぶっぱ

 

カバから繋いで積むだけでも強いし初手に出して対面性能を活かして崩しを行うにも強かった。持ち物は鋼タイプを意識してゴーストz。

 

f:id:irohapoke15:20170516233545g:plain

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

特性:変幻自在

性格:無邪気

実数値:147-116(4)-87-155(252)-81-191(252)

技構成:波乗り/冷凍ビーム/ダストシュート/草結び

 

A:余り

C:ぶっぱ

S:ぶっぱ

 

構築の穴を埋めるスカーフ枠。

積んだマンダやパルやギャラ、砂下のドリュを上から叩くことができ、初手に出てきやすいコケコやテテフを80%で消し飛ばすことができる。

 

f:id:irohapoke15:20170516233601g:plain

ウルガモス@虫z

特性:虫のしらせ

性格:臆病

実数値:167(52)-*-87(12)-182(212)-126(4)-163(228)

技構成:炎の舞/虫のさざめき/身代わり/蝶の舞

 

H-B:3回身代わりをはった体力で意地ミミッキュの影うちを最高乱数きって耐える

C:余り

D:余り

S:最速ミミッキュ抜き

 

オニゴーリをぼこぼこにできるのとカバルドンを起点にしてくるポイヒガッサを処理できる点に注目した。カバから繋ぐ積みエースとしても活躍してくれた。ステロを巻いてくるパーティでも起点を作って通していけそうだと感じたら積極的に選出した。

 

f:id:irohapoke15:20170516233621g:plain

ボーマンダ@メガストー

特性:威嚇→スカイスキン

性格:意地

メガ後実数値:193(180)-191(68)-150-*-111(4)-172(252)

技構成:恩返し/地震/身代わり/龍の舞

 

H:威嚇込ガブリアスの岩石封じを身代わりが確定耐え

A:恩返しでミミッキュが確定1発

D:メガ前ダウンロード対策

S:ぶっぱ

 

カバルドンから繋ぐことがほとんどなので羽休めよりも範囲のとれる地震を採用した。身代わりをみたら地震を警戒しない人も多く技構成はこれでよかったと感じた。ミミッキュをストッパーとして用意している構築には身代わりを残して相手のポケモンを突破することを意識した。

 

[基本選出]

・ガルーラ+カバルドン+ミミッキュ

ほとんどのパーティに対してこのような選出をしていた。パルシェン絡みにはゲッコウガルカリオ絡みにはボーマンダオニゴーリ絡みにはウルガモス臨機応変に選出に絡めていった。

 

☆対受けループ

メガガルーラ+素ボーマンダウルガモス(置物)

基本的にはラッキー+エアームドドヒドイデを選出されるのでメガガルーラのグロウほんちで相手のエアームドを倒して素のボーマンダでラッキーとドヒドイデを倒す。

 

[重いポケモン]

バシャーモ

見ただけでは型がわからないため対応ができない

カバルドンorランドロス(ゴツメ)+テッカグヤ

ガルーラとウルガモスの2匹とも通しずらいため

 

 

 

 

6/10のボスラッシュまでには完成度を高めておきます・・・